2012年9月 2日 (日)

クアラルンプル駅(マレーシァ)

(Kuala Lumpur station) かってはクアラルンプルのシンボル的存在の駅だったが、クアラルンプル中央駅が中心になって以来、コミューターと一部のインターシティの近距離列車だけが停車し、旅情緒溢れる雰囲気はなくなってしまったが、イスラム国のこの国に相応しい駅舎は今だ旅人を惹きつける。

                    クアラルンプル駅(2012年8月)

Cimg2479

                                        コミューター列車が到着

Cimg2472

|

2012年8月29日 (水)

クアラルンプル中央駅(マレーシァ)

(Kuala Lumpur central station) クアラルンプルの中心駅、マレー鉄道の他コミューター、インターシティ、モノレールなどが発着し、多くの乗降客で賑わっている。

                  クアラルンプル中央駅(2012年8月)

Cimg2465

                                 発車を待つバトゥケイブ行きKTMコミューター

Cimg2470

Cimg2469

 

                    日本語表示もある案内板

Cimg2489

 

                広いコンコースだが露店が多く狭苦しい

Cimg2488

                                 日本と同じコインロッカーもある

Cimg2476

|

2012年8月26日 (日)

クアラルンプル国際空港駅(マレーシァ)

(Kuala Lumpur international airport station) クアラルンプル国際空港とクアラルンプル中心部の中央駅とを結ぶKLIAエクスプレスの始発駅。ホームは島式1本で全面防護のため電車は見えないがエアコンがよく効いていて快適なホームだった。

 

                クアラルンプル国際空港駅(2012年8月)

Cimg2458

                  独シーメンス製車両の快適な車内

Cimg2460

Cimg2459

                           中央駅までノンストップ約30分35リンギット(約1000円)

Cimg2461

|

2012年8月22日 (水)

ジョホールバル=セントラル駅(マレーシァ)

(JohrBahru sentral station) マレー鉄道のマレーシア領の終点。シンガポール間の鉄道のほか自動車の出入国管理を行うビル内に併設されていて、大きなショッピングセンターもあり、人の往来は多い。2010年この施設が完成してジョホールバル駅は廃止された。

                 ジョホールバル=セントラル駅(2012年7月)

Cimg2417

                                        ホームの様子    

Cimg2430

                                                       待合室

Cimg2427

                   併設しているショッピングモール

Cimg2428

|

2005年7月27日 (水)

クアラルンプール駅(マレーシア)

モスクのような外観は駅に見えないが、

この駅には92年、97年の2回行ったことがある。

92年バンコクからタイ国鉄でバタワースまで行き、そこでマレーシア国鉄に乗り換え、定刻夜10時着が大幅に遅れて午前2時過ぎに着き、不安感でいっぱいだった思い出がある。

他のアジア諸国ではあまりないことだが、この駅の窓口は英語が通じた。

動画「kl1997.wmv」をダウンロード

                 クアラルンプール駅(1992年6月)

1_12

                      停車中の貨物列車

2_10

| | コメント (2) | トラックバック (0)