« 吉野ヶ里公園駅(佐賀県) | トップページ | 歓迎!東京駅とNYグランドセントラル駅が姉妹駅に »

2013年1月31日 (木)

日本の鉄道が進んでいるという幻想

日本では日本の鉄道は世界一進んでいて、サービスもいいと思っている人が多いが、実際外国の鉄道に乗って見るとそれは幻想であることに気づかされることが多い。

外国の自動券売機にはマイナーな言語である日本語表示だけでなく音声でもされることがあるが、日本では英語の券売機さえない。2006年韓国KTXに乗った時車内でインターネットができたが、新幹線はまだできなかった。新幹線は未だ車内にテレビが入っていないがKTXや中国高速列車にはすでに装備されている。

1996年タイでバンコクから急行でピサヌロークまで行った時普通席でも簡単な弁当が出された。日本ではこのクラスの列車ではありえないサービスだ。ヨーロッパでは一等ならほとんど食事付きだ。日本人はよく「日本人のきめ細かいサービス」とよく言うが鉄道に関しては幻想だと思う。

It is a common belief in Japan that we have the most technologically advanced railways in the world, but, whenever I take trains overseas, I always come to the fact that this is nothing more than an illusion.
Ticket machines, for example- Some of them can be accessed and used by a variety of foreign languages, but ours cannot be used by even one foreign language.
In 2006, I took a Korean super express KTX which provided access to the internet and television, two services which still have yet to arrive in Shinkansens.

In 1996,I took an express in Thailand, on-board meals were served to those in ordinary seats, which isn't even done on our expresse. In Europe, most of the first class passengers are served food on a train.
We like to use the pet phrase "Japanese meticulous service" for any services, but at least regarding train services, it is clear to anyone with my experience that this is nothing more than a trick played on us.

             日本語表示のあるニューヨーク地下鉄の券売機

Imgp6820

|

« 吉野ヶ里公園駅(佐賀県) | トップページ | 歓迎!東京駅とNYグランドセントラル駅が姉妹駅に »