2013年6月22日 (土)

アラバン駅(フィリピン)

(Alabang station) フィリピン国鉄(PNR)コミューターエクスプレス線の南部の2013年5月現在の終点。始発のトゥトゥバンから16番目の駅である。ホームは片面一本。すぐ隣にはショッピングモールが繋がっている。

                      アラバン駅(2013年5月)

Cimg2949

              投石よけの金網が物々しい旧JR203系車両

Cimg2951

                    ゴミが散乱する駅周辺

Cimg2966

                                  駅付近は街の中心で多くの商業施設がある

Cimg2948_2

|

2013年6月16日 (日)

ブエンディア駅(フィリピン)

(Buendia station) フィリピン国鉄(PNR)コミューター線の駅、MRTにも同じ名前の駅があるが、この駅からはかなり離れている。メトロマニラの中心地マカティに最も近く、コミューター線の中では最も都会的な場所にある。

                    ブエンディア駅(2013年5月)

Cimg1740

                      ホームは片面が2本

Cimg1741

             都会を走る線とは思えない雑草に囲まれた線路

Cimg1742

 

|

2013年6月 9日 (日)

パサイロード駅 (フィリピン)

(Pasay road station) フィリピン国鉄(PNR)コミューター線のマニラ首都圏マカティ市の駅、始発のトゥトゥバンから10駅目の駅である。ホームは片面が2本あり、駅舎にはトイレもある。

 

                    パサイロード駅(2013年5月)

Cimg2972

Cimg2970

Cimg2973

                       アラバン行きが発車

201305311457581

                                                      動画

|

2012年1月15日 (日)

ルーズベルト駅(フィリピン)

(Roosevelt station) マニラ首都圏を縦断するLRT1号線の北の終点だったモニュメント駅からMRTのノースアベニュー間5.7キロを結ぶ延長プロジェクトの駅、2010年10月開業、目下のLRTyellow lineの終点である。駅舎はエドサ通りの上にあり、2階が改札、発券窓口、3階がお見合い式片面ホーム2本がある。

                     ルーズベルト駅(2011年11月)

Cimg1751_2

               乗降客は多くないがホームは比較的広い

Cimg1746_2

               自動券売機はなく窓口から切符を買う

Cimg1747_2

Cimg1748_2

                 駅舎内の端には爆発物検知犬

Cimg1749_2

            ノースアベニューまでの高架線はすでに完成している

Cimg1755_2

|

2011年9月 7日 (水)

アヤラセンター駅 (フィリピン)

(Ayala center station) フィリピン=マニラMRT3号線の駅。別名アヤラアベニュー駅。 マニラを代表するビジネス街マカティ、ショッピングセンターアヤラセンターの降車駅。ホームは半地下の片面が2本、駅舎は橋上駅となっている。マニラの富を象徴する街だけにイスラム過激派の標的になりやすく何回か爆弾が仕掛けられている。

                      アヤラセンター駅(2011年7月)

Cimg1032

Cimg1030

               改札まではかなり長いエスカレーターに乗る

Cimg1031

Cimg1028

                                    マニラのビジネス街マカティ地区

Cimg1034

|

2010年2月22日 (月)

スカット駅(フィリピン)

(Sucat station) タユマン駅から出るPNRマニラ=コミューター線の目下の終点。列車は折り返しで再びタユマン駅まで戻る。本数が少ないのでかなり混んでいた。

                      スカット駅(2010年1月)

Scat1

          まだ降車客が降りない内に乗車客が入るのは、この国のマナー

Scat2

|

2010年2月19日 (金)

パコ駅(フィリピン)

(Paco station) フィリピン国鉄(PNR)コミューター線の途中駅。かっては立派な駅舎があり、サンフェルナンド方面への列車が発着し、マニラの鉄道の中心的存在だったが、現在駅舎はその見る影もなく半分崩れた状態で現存している。周辺は住宅と小さな商店が立ち並ぶ下町風情の駅である。

                                             パコ駅(2010年1月)

Paco1

Paco2

                                           旧パコ駅舎

Cimg1046

                    旧駅舎前には高山右近像

Cimg1050

                         駅前通り

Cimg1056

                        動画

|

2010年2月14日 (日)

タユマン駅(フィリピン)

(Tayuman station) フィリピン国鉄(PNR)のマニラ近郊を走るコミューター線のタユマン駅(トゥトゥバン駅)はトンド地区のPNR本社敷地内に移転され、目下の始発駅となっている。沿線は韓国の援助でリハビリされ、スクワッター(不法占拠民)も排除され、韓国ロテム製ディーゼル車両が快走している。

                     タユマン駅(2010年1月)

Tayuman1

                  発車を待つSUCAT行き

       沿線の投石よけネットは先頭車前頭部にもかけられている。

Tayuman2

                      ホーム先端の風景

Tayuman3

|

2006年8月13日 (日)

ペドロヒル駅(フィリピン)

(Pedro gil stn) LRT1号線の途中駅。周辺は大学やマニラ湾の遊歩道等があり若者が多く集まる駅である。

            ペドロヒル駅(2006年7月)

Pedro_gil_1

            停車中のモニュメント行きLRT

Pedro_gil_2

       いつ乗っても混雑している狭いLRT1号線車内

Pedro_gil_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

モニュメント駅(フィリピン)

(Monument stn) LRT1号線終点駅。1号線はここから南にバクラランまでタフトアベニューの上を走る。

                     モニュメント駅(2006年7月)

Monument_1

                   モニュメント駅に到着したLRT

Monument_2

       男性客と女性、身障者、子供連れ客を日本より厳格に区別している。

Monument_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)